pochi のすべての投稿

養育費を払っているのに子どもに会えない

養育費の支払い金額を決めるために調停をすることになりました。協議離婚と言う形で離婚をしましたが、それほど争うわけでもなく、着々と話が進んでいき、親権等で若干揉めましたが、話し合いで決まり次に養育費の金額の話し合いが始まりました。
続きを読む 養育費を払っているのに子どもに会えない

消費者金融の任意整理

消費者金融などからお金を借り、挙げ句は多重債務に陥ってしまってどうすることもできなくなった人の救済措置の一つとして任意整理があります。任意整理を簡単に言うと、債権者に値引き交渉をしてなんとか減らしてもらうというようなものです。

経済状況が苦しくなって返済することが難しくなったので、返済する額を少しでもいいので減らしてほしいとお願いするというのが任意整理です。一般的には3年たったら消費者金融の返済計画は見直すことが多いです。もしも、消費者金融からの融資をグレーゾーン金利で受けているという人は、利息制限法の上限よりも超えている分を還元してもらえば、返済する額がかなり減ります。人によっては完済につながって返還されるという人も多いのです。
続きを読む 消費者金融の任意整理

男の育毛

多くの男性は、男性ホルモンのためか、どうしても女性と比べて薄毛で悩む人が多いようです。男性の薄毛は、女性の薄毛とは違って加齢やストレスが原因で薄くなるというよりは、体の中に何らかの問題が起きて薄毛になることが多いからです。ですから、男性の育毛のやり方というのは女性以上に気を付ける必要があります。
続きを読む 男の育毛

アロエのスキンケア

夏の暑い時期に太陽に当たると、どうしてもお肌の乾燥が気になります。
水分が不足していたり、日焼けで肌が軽いやけどに近い状態に陥ることもあります。こういう場合に便利なのがアフターサンローションです。主に海や山に行って長時間太陽に当たった場合に、日焼け後のほてりを鎮めるために使われますね。
続きを読む アロエのスキンケア

やっぱ、除毛クリームより脱毛サロンだわ!

決してケチではないのですが、人一倍コスパには敏感な私。イケメン男との夏の恋を夢見て脱毛剤を使った脱毛に挑戦してみました。
安物買いの…にならないようにと脱毛サロンへ行くことも考えたのですが、目先の投資額に負けて脱毛クリームを選びました。

塗って数分でムダ毛が取れるし、2~3日はスベ肌を保てたので「まあいいか~」と思っていたのですが、3~4日に1回はクリームを塗らなきゃいけないし、気のせいかお肌が少し荒れたように感じました。

確かに1回当たりのコストは脱毛サロンに比べると安いのですが、続ければ続けるほどお金も時間もかかるし、お肌への負担も蓄積されてしまいます。

いろいろ検討した結果、長い目で見たコストと脱毛のクオリティから「やっぱ脱毛サロンだわ」
という結論に至りました。
サロンには通う手間はあるけれど、プロのエステティシャンから施術を受けるながらリラックスタイムを持てるのはストレス解消にもなるし、ちょっとした贅沢気分にも浸れて、非日常のひと時を楽しめそうです。

部位にもよりますが、たとえばワキなどの狭い範囲の脱毛なら意外と安くできるので、専門のサロンなどで脱毛される方がいいと思いますよ。

ミュゼイオンモール香椎浜店

国産ステルス実証機「X2」初飛行

ネットのニュースを見て、日本もここまでの技術を開発できたんだ…と感慨を持たせてくれたのが、防衛省が開発を進める国産のステルス実証機「X2」の初飛行のニュースでした。

操縦席付近に日の丸のデザインが施された機体は22日、愛知県営名古屋空港を離陸後、高度3000メートルまで上昇、時速400キロで飛行しました。レーダーに探知されにくく、高度な運動性能を備えたステルス戦闘機は「第五世代機」と呼ばれ、F22戦闘機などを実戦配備する米国をはじめ、ロシア、中国も開発にしのぎを削っています。

ステルス技術は地域の安全保障にも影響するだけに、日本の実証機の能力は周辺国からも注視されることになると言われています。

ところで、戦闘機の純国産化の思いは強いものがあります。というのも、日本はかつて戦闘機の開発で辛酸をなめた経験があるからです。1980年代に航空自衛隊F2戦闘機の単独開発を目指し研究していましたが、最終的に米国の主張が通り、日米共同開発になりました。

ある防衛省関係者は「X2の技術で、今度こそ単独で開発を」と意気込んでいるそうです。防衛省幹部は「日本独自のステルス技術は国際共同開発になっても有利な立場を獲得するために必要」と話しているそうですが、純国産の戦闘機が我が国を守る姿をいつかは見たいものですね。

西東京市で浮気調査

浮気の後は離婚か復縁か

たとえば、夫が浮気をしていたケースです。奥さんは離婚を考えましたが、まだ子どもが小学生であることから「浮気相手の女性には慰謝料を請求したいけど、夫との離婚は考えていない。時間はかかっても、以前のような家庭を取り戻したい」と復縁を希望する女性がいる一方で、「夫と浮気相手の双方から慰謝料や養育費をもらって、すぐに離婚したいです」という女性もいます。

夫が浮気をした場合は、たとえ浮気相手にまだ気持ちが残っていたとしても、「パパ、パパ」と子どもから何度も言われると、男性心理として「子どものためにも、浮気はやめて、もう一度やり直そう」と心を改める場合が多いそうです。

しかし、妻である女性が浮気や不倫をした場合は、パートナーである夫への気持ちが冷めている場合が多いとされ、よほどのことがない限り、復縁の可能性は低いと言われます。
離婚も復縁も基本的には気持ちの問題ですが、なかには経済的な問題から離婚を望まない人も少なくありません。経済的には夫へ依存するものの、愛情がないために仮面夫婦を演じて、妻は外へ浮気相手を作ることもあるそうです。

品川区での浮気調査